はじめてのお引越し

引越しとうつについて

引越しうつにならないためにも、心を楽に持つことは大切です。新しい場所では、なにかと時間はかかるのは、自然なことであると割り切りましょう。自動車の運転をするときも、人間の付き合いにしても、なんでも最初は不慣れですし、慣れるまでにはある程度の時間が必要です。

引越し先で直ぐに全てをパーフェクトにこなそうとはしないで、時間はかかるものと心にゆとりを持つことです。近所とのお付き合いも、家の中の片付けも、それほど気負うことはないです。心の焦りは何も生み出しませんが、心に余裕をもつことで、もっと気楽に新生活を送ることができます。

引越しうつにならないように、身近な顔見知りを大切にしてみましょう。コンビニでいつも顔を合わせるようになった店員さんや、近所のスーパーのレジ係なども、心の癒しにしてしまうことです。些細な日常会話を交わすのみでも、心には暖かくなってきます。新しい場所に馴染むためにも、なにか習い事をスタートするのも良い方法です。

引越しうつには予防を

引越しをしてしばらくの間は、新しい土地でのあらゆる手続きをしたり、荷物を片付けたりするので大忙しの毎日です。そのうちに荷物の片付けも終わって、新しい土地にも慣れてきたあたりに、不意に引き起こるのが引越しうつです。

今までの環境が急に変化して、それに対して精神的にも肉体的にもついていけなかった時には、こうしたうつは発症します。特にこうした症状を感じやすいのは、専業主婦やフリーランス、子育てをしている女性などです。

会社勤めの人であれば、毎日職場へ通って新しい環境の中でも、同じ人たちと顔を合わせることになります。そうした環境は、自分の居場所にもなりますから、それほど新しい場所でもさみしさは感じることはないでしょう。

ですが一人で自宅に居る機会が多いケースだと、孤独感が日増しに増加する傾向があります。地域にも馴染みにくくて、塞ぎ込むこともありますが、予防をすることはできます。新しい生活環境には、ゆっくりと馴染めればいいと、自分に言い聞かせることです。

Valuable information

2017/5/1 更新